上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月の様子です。
祝福された集会になりました。
みなさん、お越しいただきまして、ありがとうございます。


IMG_1552.jpg
スポンサーサイト
2013.09.02 書籍のご案内
書籍の出版のご案内
8月20日にMyISBN -で書籍を出版しました

アマゾン・三省堂で買うことができます。
オンデマンドでの出版の為、1冊のコストが高くなってしまいました。

アマゾンのページ ←クリックしてください
以下アマゾンより

主イエスの想い - ヨハネによる福音書13・14章から (MyISBN - デザインエッグ社)
[オンデマンド (ペーパーバック)]
松沢 勇志 (著)
本表紙

価格: ¥ 1,292 Amazon プライム対象商品です。


商品の説明
内容紹介
新約聖書「ヨハネによる福音書」では、13章から17章にかけて、主イエスが十字架刑にかけられる前夜の弟子たちとのやり取りが書かれています。テレビ番組で飛行機墜落事故の再現VTRを見ることがありますが、そこで乗客によって書かれる遺書くらい逼迫した状況で主は教えをなされました。今回はその中で13章と14章に関して、その一つ一つがどのようにして語られ、教えられたのかを解釈していきたいと思います。
著者について
山形大学理学部生物科、筑波大学大学院バイオシステム研究科(学術修士)を卒業。つくば聖書バプテスト教会で受洗ののちJTJ宣教神学校牧師志願科卒業。東京ホライズンチャペルでスタッフをしつつ東京中央神学院大学院(M.Divコース)を卒業。現在は予備校で大学受験の生物を指導する傍ら、自ら学習指導教室を主宰する。2008年よりTKBC日本語礼拝グループで礼拝説教を担当している。2013年7月東京ホライズンチャペルより牧師按手礼を受領。
登録情報

オンデマンド (ペーパーバック): 100ページ
出版社: デザインエッグ社; 1版 (2013/8/19)
言語 日本語
ISBN-10: 4907117736
ISBN-13: 978-4907117733
発売日: 2013/8/19
商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.5 x 0.6 cm
おすすめ度: カスタマーレビューを書きませんか?

2012.10.13 4周年記念礼拝
4周年記念礼拝のお招き

ハレルヤ、主のお名前を賛美いたします。

 TKBC(東京カチンバプテスト教会)日本語礼拝グループは、2008年11月に高田馬場シチズンプラザで第一回の礼拝を持ち、以降第2、第4日曜日にカトリック教会の宣教施設である「学生の家」で場所を借り、主日礼拝のときをもってきました。2012年4月からは場所を高田馬場に移し毎週日曜9時から日本語での礼拝の時を持っています。ミャンマーの少数民族であるカチン民族の有志が日本宣教の重荷を持ち集っている群れです。そこで、教会の働きが開始され4周年の記念礼拝を11月25日に計画をいたしております。今回は、東京ホライズンチャペルから平野耕一牧師をお招きし特別な集会を催します。 
 これまでの活動が祝福され守られていることの感謝の礼拝をささげると共に、教会のこれからのビジョンなどを語り合うひと時を持てたらと思っております。ぜひ、ご来会いただき、この小さな群れをお励ましいただけましたら幸いです。
                             
在主
   東京カチンバプテスト教会日本語礼拝グループ  
                         松沢 勇志



時間:2012年11月25日(日)15:00から
場所:TKBC高田馬場会堂



特別講師
 平野耕一 牧師
(東京ホライズンチャペル)
TKBC日本語礼拝グループは
高田馬場で日曜9:15~毎週礼拝をもっています


創世記・出エジプト・レビ・民数・申命・ヨシュア・士師・ルツ
まで終了しました。来週はサムエル記から説教を取り次ぎます。



お 誘 い の こ と ば

先日、予備校で生徒と話をしていたときのことです。私がふと「当たり前のようだけれど、勉強をすると、成績が上がるよ」とアドバイスをしました。そこで、生徒は「『勉強しないと成績が落ちるよ』と言われないのが新鮮です!」と驚かれました。実は、教会でも同じで「イエスキリストを救い主と信じると救われる」のです。「イエスを信じなければさばきに至る」等と言われると多少違和感が残ります。今は恵みの時代だからです。
私たちの教会は、積極的に聖書の御言葉を、主のお働きを体験しようとするグループです。「主の御名を呼び求める者はすべて救われる」(聖書)とあります。ぜひ、日曜日の礼拝におこしいただけますようにお勧めいたします。

東京カチンバプテスト教会日本語グループ  松沢 勇志 
7月24日
ヨシュア4章 記念のしるし

5 ヨシュアは彼らに言った。「ヨルダン川の真ん中の、あなたがたの神、主の箱の前に渡って行って、イスラエルの子らの部族の数に合うように、各自、石一つずつを背負って来なさい。6 それがあなたがたの間で、しるしとなるためである。後になって、あなたがたの子どもたちが、『これらの石はあなたがたにとってどういうものなのですか』と聞いたなら7 あなたがたは彼らに言わなければならない。『ヨルダン川の水は、主の契約の箱の前でせきとめられた。箱がヨルダン川を渡るとき、ヨルダン川の水がせきとめられた。これらの石は永久にイスラエル人の記念なのだ。』」

・主のなさった業を記念する
現象をしっかりと認識し:不思議な現象が起こっている
それを正しく評価し:それは神様の御業である。
応答し具体的に行動する:感謝し、賛美し、ひれ伏し、かたりつたえる(記念する)

・主の恵みを数える→おぼえ、記念し、かたりつたえる
・主の復活の記念:日曜礼拝

主の奇蹟的なお働き また、新たな境地(未経験の事柄)
・「お父さんたちはエジプトから出てきたとき紅海をわたったんだって」
・いま、私達にも同じことが起こった
→イザヤ43:19 見よ。わたしは新しい事をする。
人の思いはあるだろうけれども、神様には、測り知れないご計画がある
→第1コリント2:9~「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮んだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。
・であったのことがらであるだけではなく、おもいもよらなかっとことをなされる。
・世間的な評価(きめつけ)はしなくてもいい。
第2コリント5:17 「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」

・主に日々創り変えられ、新たにされる
・主にゆだね、主のご計画をなさせていただく→エレミヤ29:11 平安を与える計画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。